気になったドラマや映画をチェック!その他気になったことなど。

おすすめのキャスト

家庭の医学

目の下にクマができる原因と事情

更新日:

徹夜なんかすると、目の下にクマができることがあります。

睡眠不足が原因ということなんでしょうけど、どうして目の下にあんなクマができるんでしょう?

目の下にクマができると、よけいクタビレて見えたり、クライ感じに見えたり、よけいフケて見えたり…

しかも年々クマができやすくなってくるような気がするんです。

今回は目の下にクマができる原因について調べてみました。

Sponsored Link

目の下にクマができる原因 その1

目の下の血行が悪くなると、青っぽいクマができます。

血行が悪くなる原因としては、

・睡眠不足

・ストレス

・目の疲れ

・体の冷え

などがあげられます。

また同じような原因でうっ血した(血がたまった)場合には、目の下に赤いクマができることがあります。

いずれにしても目の下の皮膚が薄いことで透けてしまうことからおきる事なのですが、軽度のクマであれば温めてあげると薄くなることが期待できます。

目の下にクマができる原因 その2

目の下の皮膚に色素沈着がおきると茶色っぽいクマができます。

考えられる主な原因には、

・メイクを落とす時にこすり過ぎ

・メイクの落とし残し

・ストレス

・紫外線

などがあげられます。

どちらの場合もストレスが関わってきますね~

ゆったりと休息をとることが大事なんですけど、ナカナカそうもいかないのが現代社会かもしれませんね。

リラックスしている女性

それからもう一つどちらにも言えるのは、加齢とともに目の下の皮膚がさらに薄くなってしまうことなんです。

ヤッカイなことに。

しかも目の下にクマがあるとジッサイよりもフケて見え、その差4歳以上というデータもあります。

メイクで隠すだけではなく、きちんとケアすることが必要になりますね。



Sponsored Link
Sponsored Link

-家庭の医学

Copyright© おすすめのキャスト , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.