色んなジャンルのおすすめ情報をお届けします!

おすすめのキャスト

ライフ

おでんは腐るとどうなるの?冬でも放置は危険!

投稿日:

おでん腐るとどうなる

おでんは腐ると出汁がドロドロした状態になるだけでなく、
白い膜が張ってしまったり汁に小さい泡が浮いていたり、
すっぱい匂いがするようになります!

そうなってしまうと、もうそのおでんは食べることが出来ないので、
必ず捨てるようにしてください…。

おでんって、腐るとどなるのか、イマイチ見当がつかなかったけれど、
やっぱり異臭がしたり、ドロッとした状態になったりするんですね。

今回はそんな、おでんは冬でも腐ることがあるのか、
またおでんを腐らせないためには、一体どうすればいいのか、
正しい保存方法を解説していきます。

Sponsored Link

おでんは冬でも腐る!?

結論からいうと、夏場以外の季節でも、
もちろん冬場でもおでんは腐ることがあるので、
くれぐれも注意しなければいけません。

なぜ冬場でもおでんが腐るかというと、
暖房の効いた部屋におでんを放置してしまうからなんですよ!

確かに冬場は気温が低いので、
常温でもおでんを置いておいて良さそうな気がしますが、
暖房をつけた部屋におでんを置いておくと腐ります。

そして冒頭でもお伝えしたように、
おでんが腐ると汁がドロッとしたり、白い膜が張ったり、
異臭がしてくるようになってしまうんですね…。

だからこそ、寒い冬であってもやっぱり、
おでんは腐ることがあるので、
気を付けなければいけないんですよ。

寒い冬でもおでんは、絶対に常温で保存することがないようにしましょう。

腐ったおでんをうっかり食べてしまえば、
当然食中毒にかかってしまうので、本当に最悪ですよ!

もちろん、腐ったおでんはそもそも美味しくないのですが。

おでんは腐ると異臭だけでなく、酸っぱい味もするようになるので、
腐ったおでんは食べればすぐに分かります。

といっても、見た目でおでんが腐っているかどうか、
ということが判断できるので、
極力は口に腐ったおでんを入れないようにした方が良いですね。

万が一腐ったおでんを飲み込んでしまったら、
本当に食中毒にかかってしまい大変ですから…。

おでんを美味しく保存しておくためにも、
きちんとした正しい保存方法をする必要があるんですよ。

季節を問わず、おでんはしっかりと保存しなければいけません。

続いてはおでんの正しい保存方法を解説するので、
安心して美味しくおでんを食べるためにも、
ぜひしっかりと覚えておくようにしましょう。

Sponsored Link

おでんの放置は腐る元!

おでんは絶対に常温では放置したりせず、
必ず冷蔵庫に入れて保存していくようにしましょう!

どの季節であっても、おでんは基本的に、常温で放置してしまうと、
知らぬ間に腐ると考えておいてください。

そこで、おでんは冷蔵保存をするのがベストなんですね。

ただしただ冷蔵保存をすれば良いのではなく、
粗熱をしっかりと冷ましてから、
冷蔵庫に入れて保存をしておくこと。

というのも、粗熱がまだ冷めないまま、
冷蔵庫に入れておいてしまうと、
冷蔵庫の中の温度が上がってしまうんです。

するとおでんだけではなく、近くにある他の食材もすぐに腐りやすくなるので、
くれぐれも熱々の状態のまま、おでんを冷蔵庫に入れてしまう、
ということがないようにしていきましょうね。

おでんを美味しく、そして腐らせないように保存するには、
やっぱり冷蔵庫での保存が一番だったんですよ!

我が家でもおでんを作ったときは、十分に粗熱を冷ましてから、
冷蔵庫に入れて保存するようにしています。

せっかく作ったおでんを腐らせると、
すごくもったいないですからね。

それを防ぐためにも絶対に、おでんは常温保存ではなく、
冷蔵庫に入れて保存しましょう。

ただし、必ず粗熱を冷ますことを忘れずに。

そうすればおでんは腐ることがなく保存できます。

でも、いくら冷蔵庫に入れているとはいえ、
何日もずっと冷蔵庫に入れたままだと、
さすがに腐ってきてしまいますよ。

そのため、おでんは極力、2~3日のうちに食べ切るようにしましょう。

我が家でもおでんを作るときは、
だいたい2日間くらいで食べ切る量で作っています。

冷蔵保存でも日数が経てば、腐ってきてしまうので、
なるべく早めに食べることを心掛けましょう。

やっぱりおでんも鮮度が良い方が美味しいですからね!

保存方法だけでなく、消費する日にちもしっかり考えていきましょう。

おでんはこんにゃくなどが入っているので、
冷凍保存が出来ないのです。

冷蔵保存するのが最適なので、ぜひそれを守っていってください。

きちんとしっかり、粗熱を冷ましてから冷蔵保存するようにしていけば、
最大で3日、おでんは日持ちするので安心ですよ。

保存方法だけでなく、保存期間もしっかり守っていくようにしましょう。

もちろん、冷蔵庫で冷やして保存しておいたおでんを食べるときは、
しっかりと加熱して十分に具材に火を通してから食べてくださいね。

でも念のため、保存しておいたおでんを温める際は毎回、
匂いは変になっていないか、チェックしておくとより安心ですよ!

安全で美味しいおでんで見も心も温まりましょう!

まとめ

おでんは腐ると汁がドロドロになったり、白い膜が張ったり、
異臭がするようになります。

そうなったおでんは絶対に、食べることなく処分してくださいね。

おでんは基本的にどの季節であっても、
必ず粗熱をしっかりと冷ましてから冷蔵庫に入れて保存すること!

そしてなるべく早めにおでんは食べ切るようにしましょう。

安心して美味しくおでんを食べるためにも、
冷蔵保存は必須ですよ!

Sponsored Link

おすすめの記事

-ライフ

Copyright© おすすめのキャスト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.