色んなジャンルのおすすめ情報をお届けします!

おすすめのキャスト

ライフ

モルタルとコンクリートどっちが強いの?違いはどこにある?

投稿日:

モルタルとコンクリート

モルタルとコンクリートはどっちが強いのか?
そもそもモルタルとコンクリートの違いは?

モルタルとコンクリートの違いは、
混ぜる材料に違いがあります。

モルタルは セメント+砂+水
コンクリートは セメント+砂+水+砂利
この砂利がはいっているか、いないかの違いです。

砂はきめ細かいさらさらしたイメージ、
細骨材といいます。

砂利は、踏んだら痛いゴツゴツしたイメージ、
粗骨材といいます。

例えば、同じ量のモルタルとコンクリートを作るとします。
コンクリートは砂利を入れる事によって
大小の粒が混ざり、セメントの量が少なくてすみますが、
モルタルはセメントと砂 細かい物同士なので、
セメントの配合量がたくさん必要です。

モルタルはセメントの配合量が多く
コンクリートより強度が強くなります。

一方、コンクリートは砂利が加わることで、
セメントの量が少なくすみ、
モルタルよりは強度が弱いです。

Sponsored Link

モルタルとコンクリート 耐用年数はおよそ30年だった。

あなたの家もメンテナンスが必要かも?

モルタルの方がコンクリートより強いと説明しましたが、
モルタルの耐用年数は30年です。
コンクリートは47年です(法的な耐用年数です。)
実際は30年ほどのものもあります。

モルタルは1960年ごろから、外壁によく使われてきました。
劣化はモルタルの特徴である、ひび割れしやすいことから起こります。

では、強度はあるのになぜひび割れするのか?
モルタルのひび割れの原因は何?

ひび割れの原因は主に5つ考えられます。
・自然乾燥
・紫外線や雨
・気温の寒暖差
・地震などの自然災害
・施工不良

モルタルは自然に乾燥していきます。
もともと、材料に水を加えるので、
空気に触れる面から乾いてきます。
新築から2年経った頃から、自然乾燥による
細かなひび割れが表面にできてきます。
これは、ボールペンで模様を描いたような
細かい物をイメージしてください。

また、紫外線や雨にさらされていくうちに
起きるひび割れがあります。

紫外線や雨はモルタルの表面の防水塗装の膜の劣化を早めます。
それによって、雨水を吸い込んでしまって、また、乾燥する。
この繰り返しを早めてしまい、劣化を進めます。

最近では、35度以上の真夏日も多く、夏は高温の日が続きますね。
通常でも、モルタルは気温が高いと膨張し、
気温が低くなると、収縮します。
また、多雪地帯では、雪が多く積もるとその重みで変形もします。

そして、『地震大国日本』。
地震などの自然災害などで起こる揺れは
思ってもいない方向への強い力が加わるため、
ひび割れの原因となります。
特に横方向のひび割れが生じることが多くなります。

また、あっってはならない施工不良。
材料の配合や練り混ぜ具合、下地処理などが行き届いてないことが
原因のひび割れは深刻です。

これらのひび割れは小さく浅いうちにメンテナンスをしないと
ひび割れが大きく、深くなれば、それだけもろくなり、
はがれたり、雨水がしみこんだりします。

家の周りを一周すると、普段気にとめてなかったひびが
目にとまるかも知れません。
また、プロの点検を受けると
ちょっと見ただけではわからないようなことも
気づいてもらえるかも知れません。

モルタルとコンクリートの正しい使い方とは?

さてモルタルとコンクリートはどんな使い分けをされているでしょうか?

モルタルは小さい場所で使われます。
よく、建築中の家の前で作業している方をみかけませんか?
四角い箱の様な物の中にセメントと砂と水を混ぜて、
練り上げて柔らかい粘土のようなものを作っています。
これをコテで平面に貼り付けて平らにならしてます。

モルタルはコンクリートより強いのに、
なぜモルタルで大きな物を造らないのか?

柱や梁など、建物の基礎部分には使えません。

例えば、同じ量のモルタルとコンクリートを作るとします。
コンクリートは砂利を入れる事によって
大小の粒が混ざり、セメントの量が少なくてすみますが、
モルタルはセメントと砂 細かい物同士なので、
量がたくさん必要です。
セメントは高価なので、モルタルの方が高額になります。

それに、モルタルをならしていくには、
熟練の技術が必要ですので、
人件費にもお金がかかり、
大きな建物にはコストがかかりすぎるわけです。

コンクリートは基礎部分に使うには十分な強度はあります。
また、ひび割れしにくいので大きい物を造るには好都合です。
さらに強度を持たせるために鉄筋を中に使うことで
より強度を上げられます。

鉄筋コンクリート

まとめ

・モルタルとコンクリートの違いは、砂利がはいっているか、いないかの違い
・モルタルとコンクリートでは、モルタルの方が強い
・モルタルはひび割れしやすく、高価なので
 壁やブロックの下地、接着剤として使われる。
・コンクリートは価格が安く、ひび割れしにくいので
 大きな建造物に使われる。

最近、ホームセンターのガーデニングコーナーでは
自宅の玄関までのアプローチを造る、
花壇をブロックで囲むといった施工例がみられます。

これもモルタルや、コンクリートを使って、
レンガやブロックを自在に並べて自分好みにできますね。

そして小さな面積でも、ひび割れや変化に気がつけば
放置は禁物!
早めに修復、また、自分でできない事は
プロに任せて先手を打つことがおすすめです。

Sponsored Link

おすすめの記事

-ライフ

Copyright© おすすめのキャスト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.